骨肉分離機、POSS、BEEHIVEなど チビと魚 チキンミンチの本当の品質を評価 技術 YouTubeList 旅の楽しい話
TATS紀行       闘 牛 女 子 闘牛オーナー   石井達雄
     6月12日は、庭高原闘牛大会、つつじ場所でした。
 私の闘牛、9歳1000kg の北希龍は、やる気なくしていて、大関のまま。
牛にもよるけど14歳の横綱白樺王は、まだしっかりとしています。私は、 いつも北希龍の先頭に立って名前入りの旗を持って入場し一緒に戦うつもりでリングに勢子たちといます。牛と一緒に闘うことで学んできたことがたくさんありました。

 闘牛の出番の前に勢子の人から、やはりオーナーが来るとやる気が出ている感じだな」と。 勝負の場には、女人禁制では無いけど。そんな雰囲気は・・・ どこでもまだ・・ いつもの旗を事務局が忘れてきて・・ 待てよと。闘牛が好きなMrs.久慈市会議員と勢子女子になった高校生に北希龍の赤いユニフォームを渡して綱を引いてくれないかと3人で綱を引いて入場すると。最初は嫌がっていた北希龍も闘牛らしくやる気を出してきて・・・ 華やかに入場できて、 やはり女の力は強いもの! しっかりと闘牛やりました。

 8月のしらかば場所でも、闘牛女子のお力を借りることになりそうです。

 
 
TATS紀行インデックスへ 前へ 次へ