骨肉分離機、POSS、BEEHIVEなど チビと魚 チキンミンチの本当の品質を評価 技術 YouTubeList 旅の楽しい話
TATS紀行       別れのソレアード     2021.4月

今月始めに友人からのmailが届いて、この曲を初めて知りました

石井さん
ほっこりメール 4月号シャンソン・シリーズ第10弾は、「別れのソレアード」です。
< 出会い、別れ、そして旅立ち>   〜歌と画像〜 お楽しみください。
ご覧いただくには、下記のYoutube で見てください。
        *峯卓人 「別れのソレアード」
世界中で歌われて、演奏されているのだけど元々メロデイだけだったから、でも、
私は男女だけの話にしたくありませんでしたので、人生全般を表すように歌っています。
        ということで、よろしくどうぞ。 峯 卓人  ♪ ♪ ♪♪ ♪ ♪ ♪
♪ ♪ ♪♪ ♪ ♪ ♪♪
それ以来 毎日朝一番 夜寝る前にPCに向かうと聞くようになりました。
なんだかすごく、うれしい。人との出会い、別れ、再会、人生ということの価値とは・・・・
コロナ禍で2年前は、普通にできたことができない、行けない、家族、友人にも会えない。
仕事も、どこの会社もいつ倒産しても不思議ないし、これは第三次世界大戦と同じ事、世界中の戦い。
コロナも負けずに進化して、生き残りの戦いをしている。この病気は、色もない 、どこにいるのかわからない。そんな時だから、私の心に響いたのでしょう。
実里さんの作詩が美しい

別れは必ず起こる。でもその前に出会いがあり、自分が決めた道を歩めたらそれが幸せ。
また、会えるとの希望が強く支えてくれるもの。そんな曲の流れに聞こえる。

改めて、netしたら「悲しみのソレアード」としてこの曲は、世界中で広く知られているもので歌手は独自の歌詞で歌っていると知りました。
Soleado はイタリア語で「木漏れ陽 こもれび」という意味だそうです。しかも原曲は14世紀だと。
Soleは、英語では『唯一の、 余人を交えない、それだけの』と辞書に出ていました。

人生は 確かに自分でしかないもの。 明日への元気をこの歌でもらいました。   TATS

TATS紀行インデックスへ 前へ 次へ