骨肉分離機、POSS、BEEHIVEなど チキンミンチの本当の品質を評価 旅の楽しい話
TATS紀行
Forest d’Aulnay オルネーの森の狩人たち
    hunt at November 4th & 8th 2006

                         石井達雄   Rallye Aunis Poitou会員

これから趣味は何ですか?と問われたら「フランスで鹿狩り」と答えることにしました。まずほとんど理解されないはず。

St.Hubert dayの11月4日晴天の朝 村の教会にRallye Aunis Poitouのメンバーと村人多数が集まって鹿狩りの開始の式典が行われました。司祭の導きで賛美歌、会員のホルンで会の曲が高らかに歴史ある礼拝堂になりひびきます。 私も今回から正会員として正装のグリーンコートに伝統のネクタイをつけて参列しています。
式典の後 会長のPierre アッシャンボー氏が、私を呼び出して「ここにユニークなジャポニーズを家族の一員として・・」と紹介し そして自らご自分のタイピンを外して私に付け替えてくださいました。
なんと名誉なことです。

馬上の狩人たちが狩りのホルンをならし、勢子の村人が受けの曲を演奏します。バツバーン、バツバーン・・・  30頭の猟犬の群れが放されて森へ向けて出発です。オルネーの森の小さい鹿は、すばしっこくて利巧で知られています。さあー勢子は道路で行く手を防ぐために車が一斉に反対側に向かいます。自転車もあれば、ジョギングの子供もいます。鹿を見つけた合図のホルンがなりました。眼光するどいEricエリックのうしろに早いトロットでつづきます。優雅な乗り手のNicoleマダム・ニコールも急ぎます。

捕まえたことはわかる。変なフランス語で「私はで名誉だ!」
シャンソンも日本語で・♪ラララ・・貴方の熱い手で・ 私を・・♪ 
Sissi マダム・シシーに捧げる

11月8日朝 狩人の館に仲間は集まった。まず赤ワインとコニャック。
そして ホルンが進呈された・・・・・エッー私の名前入り!!!!

ともかく 狩の最中は皆の邪魔にならないことを心がけたい! それだけだ。
会長Rolandハーランはコニャックの銘柄ヘネシーのオーナーで素晴らしいリーダー。 大男のThierryチェリーの騎乗はすばらしい。早いトロットで鹿毛をすすめても頭が微動だしません。今日私はセル・フランセ種の栗毛 ルパンに乗っています。大股で野バラの原を平気にすすみ、林の細い木の間も躊躇しません。良い馬です。
深い森の中でした。犬の吠え声もすぐとだえてしまいます。気温高く臭いが消えやすい。犬達が猛然と突進して大木の根元に首をつっこみました。「イノシシの子供だ。見たか」Hubertヒューバートが馬を寄せて言いました。
それからも森。 小道の角にいたSamuelサミュェルが、動くな!とのサインを送ってきました。犬の声が近づいてきます。私の10m先を鹿が横切りました。ドッグ・マスターのThierryチェリーが犬に叱咤して藪から出てきました。突然に人と犬の集団が盛り上がるように現れました。 私は動かず、犬の群れと騎士たちが木々の間を走り抜けるのを待ってから後を追いました。
 ハンサムなThibaultチボーが荒野から左に折れて林に入りました。午後2時 風がずっと強くて鹿の臭いがすぐ消されるから犬たちもすぐ逃がしてし  まいます。怖い顔でベテランのGeorgesジョルジョが、面倒見のいいPhilippeフィリッペと相談していました。
 5時間の狩の後、夕食会が村の公会堂で開催されました。
コニャックでFalempinファーノゥペンと乾杯。素敵な老ライダーコンビSuzanneスザンヌとFrancoisフォスワー。村人達が席についたので演奏となり、EmiliエミリーとThibaultチボー姉弟が大人に負けずとホルンをならします。ステーキにワイン、美味しい・・・
ジャン・ギャバンに似たGerardジェラールがTatsと乾杯だと言ってるらしい。フランス語がダメな私でも、鹿は逃しても沢山の友達をすっかり取り残されて もう音もなにもしません。道はありませんし、藪と林の中です。やっとこ小道に出ました。
 どっちへ行こうかと思っていると先のほうの森から犬が1匹出てきました。立ち止まって私の方を見ています。私と同じ迷ったのだろうとその犬のあとをついてゆきました。こっちと距離が離れると雌犬は止まって待っています。森を出て荒野の広がる道になっても同じように繰りかえします。また森に近づきました。がついたら犬はまるで魔女のように私を見てこっちへゆこうと誘っているようでした。私は、また森の中へ入ってゆきました。
 血判を押して義兄弟の契りを交わした親友のDanielダニエルは、ここはパリのフランスとはちがった 「本当のディープなフランスdeep France」なんだといいます。

祖父の時代からここで鹿狩りをしてきている人達の誇りと伝統です。
                                       石井達雄   Rallye Aunis Poitou会員
TATS紀行インデックスへ  前へ 次へ